忍者ブログ

凪の水盆

創作・絵の進行状況・その他雑記を載せています。 ちまちま工事もしています。

鬼とか蛇とかHPの事とか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

鬼とか蛇とかHPの事とか

更新頻度が低速になりつつあるので創作熱で加速できればいいのですが。

八月十二日、『【ヒメゴトガタリ】鬼』Pixivに投稿。メカクレ系キャラ、朔。何故この属性を女の子に入れなかったとキャラデザした後に七詞は頭を抱えたという。
『飲んだくれおにーさん欲しいなー』って理由で生み出して最終的にその設定はどっかに消えました。

ネタ元は大江山の鬼退治で唯一生き延びた茨木童子。
伝説の鬼らしく特徴は怪力。あとイケメェン。

あ、正解者にはゴールデン市松人形を与えよう。
一ヶ月後にはプリン頭になりますのでご注意を。

ある女の『私だけを見て』という強い感情(呪い)と、それから逃げる過程で出会った人々(特に女性)をその女の嫉妬で殺されて『お前の所為だ。お前が鬼だ』という風評被害(呪い)、更に先祖の鬼の血で成り上がった鬼。
恨みだろうが恋心だろうが自身に対して『他の誰よりも一番』な感情を向ける人は相手にしたくないし関わりたくないのだとか。

マヨイガの生活が回っているのは大体朔のお陰。
他の奴等の生活力が

ナギ:簡単なお手伝い程度なら。(子供のお手伝い)
京夜:寝る場所と食べるモノさえ有れば生きいけるだろう?(野生)
陽皐:掃除洗濯炊事なんて知らないし。(芸能以外能無し)
天都:ココの生活時代古過ぎて竈で料理とか現代っ子には無理っす。(文明の差)

という始末。
一日の終わりの酒は美味しいんじゃないでしょうか。(ココに来て設定回収)
小ネタで袖の柄は『露芝』。

そして遂に妖怪とか幽霊とか神様とか人の枠から外れたモノの名称を『鬼』とする事に。
遂に決まった、やっと、前からヒメゴト独特の名称が欲しかったのでした……やったー。

で、勢い余って1p漫画。
期間が開いたのはPCが熱で死んだり期末試験があったりで忙しかったので。

九月二十五日、『【ヒメゴトガタリ】籠の蒸し焼き』Pixivに投稿。背景や2値で漫画を描く練習。
面を葛稀が持ってきたのは『ナギを助けるの自分じゃ無理だし朔に丸投げしよう。あと状況が似てるしノリで』という理由。
漫画が続けばこの辺り描く予定でしたが、生憎描くノリが消えてしまったので断念。

元ネタ:安珍と清姫の物語
清姫の様に、行き過ぎた感情はその身を鬼に変える。
京夜だから『お前が清姫とか冗談www』で済む話。
それでも朔としては苦笑いしか出来ない喩え。

あ、清姫本格的にやってみる?
勘弁してください。

京夜は自然の『威』から生まれた、自然が神格化した存在なので『人間とかその辺の生き物に比べて生意気。昔は可愛気もあったのに今では自然に感謝すらしない』と恋愛対象以前に同格とすらみなしてないのでまさしく『誰が人間なんかに恋なんてするものか』という。
人の形を取ろうが、人と関わろうが、本質的には人間のことを理解出来ないのだった。

拍手

PR

コメント

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
無名梨七詞
性別:
非公開
自己紹介:
TwitterやPixivに居る絵描きです。
『ヒメゴトガタリ』という創作を作っています。

Pixiv



ブログ内検索